勝利をつかむ必須ツール3選!

有能なチャートソフトであるMT4を使うと、様々なインジケータというテクニカル指標を表示してくれます。
ところがこのインジケータ、数が多い上に名称から内容も推測することが難しいので、どういう時にどれを使えばいいのかと迷ってしまう人がとても多いです。
そこで、今回の記事では、その中でも単純で扱いやすい、初心者でも使えるインジケータを紹介しようと思います。
①RSI
このテクニカル指標は、相場の偏りを示してくれます。
現在の相場が、買われすぎているのか、売られすぎているのかを教えてくれるので、逆張りトレードの参考にされることが多いです。
数値的な見方としては、
70%から上が売られすぎ、30%から下が売られ過ぎという状態です。
買われすぎているからといって、すぐにトレンドが転換するかというとそうではなく、
トレンドというのはしばらく続いていくことが多いです。
肝心な、トレンド転換がどこで起こるのかということですが、
上昇から下降へ移るのは70%から上にいるときで、そこから70%よりも下がったときが狙い目です。
逆に下降から上昇に移るのは、30%よりも下にいるときで、そこから30%よりも上がったときを狙っていきます。
トレンドの転換時期を計るのに最適な指標というわけです。
逆張りを狙っていくなら、重要なインジケータのひとつですね。
②Bollinger Band
Bollinger Bandはトレンドの流れを見るのに最適なインジケータのひとつです。
今の相場が、トレンドなのかレンジなのか。
エントリーするにあたって、これらの把握は絶対的に必要になってきます。
どういう状況かも分からずに入ってしまっては、無防備過ぎますからね。
このあたりの把握は意識して行いましょう。
見方としましては、
3本のラインが狭くなっているところがレンジ相場
3本のラインが広くなっているところはトレンド相場
であるといえます。
簡単でしょう?
これらを把握するだけでも、エントリーしてもいいところなのか、危ないのかが分かってきます。
もちろんエントリーはトレンド相場のときでしたね。
Bollinger Bandは有名なインジケータのひとつで、勝っているトレーダーはほとんど参考にしています。
それなのに、初心者でも扱えるという大変優れものです。
あなたもこれはしっかりと使っていきましょう。
③MACD
MACDは、2本の移動平均線を応用したインジケータです。
短期表示と長期表示の移動平均線を組み合わせることで、トレンド転換の時期を示してくれます。
見るべきところは、2本の線が交差したところです。
青丸で囲ったところが売りポイント、
赤丸で囲ったところが買いポイント
になります。
どうでしたか?
これらの指標をみるだけで、この先の相場の動きがかなり予測しやすくなったと思います。
他にもたくさんの使えるインジケータがありますので、これからの記事でも紹介していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です